BACK

・てんし

水を飲みに来た淫魔のマイキーは偶然降りてきた天使と出くわしました。
目のやり場に困ったマイキーはある提案をしました。
『ててて、てんしさん、この競泳水着を着てください』
「まあ、ありがとう」